顎ニキビの3つ原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
痛い

誰もが顔などにニキビができると気になると思います。今回は顎ニキビに原因について紹介します。

顎ニキビの特徴

顎ニキビの特徴顎ニキビができる原因は、手で触ったり毛先が当たるなどして雑菌が付きやすいため、一度あごにニキビができると治りにくく、繰り返しできやすいという特徴が挙げられます。思春期ニキビとは違い、大人ニキビの一つと考えられています。

顎ニキビの3つの原因

ホルモンバランスの影響

ホルモンバランスの影響
女性の場合は、性周期によってホルモンバランスが変化するため、それにあわせて肌のコンディションも変化してしまいます。女性の場合には、女性ホルモンの内の一つ、「黄体ホルモン(プロゲステロン)」は、皮脂の分泌を活発にします。男性の場合は、女性のような周期的な変化はありませんが、もともと男性ホルモンの影響で皮脂の分泌量は多くなります。特に顎周辺はヒゲが生えるため剃刀などによって肌が傷つけられやすいことや、皮脂線の分布も多いことから、汚れやすく皮脂汚れが詰まりやすく、あごニキビの原因となります。

間違ったスキンケアやスキンケア不足

スキンケア不足
顎にニキビができているのに、洗顔時にしっかり皮脂汚れが落とせていないと、顎ニキビを繰り返す原因となります。男性の場合は、髭剃り後の保湿ケアを怠っていたり、洗顔で丁寧かつしっかりと皮脂汚れが落とせていないことが原因の場合も多く見られます。

また同時に、保湿不足が原因となる場合もあります。ニキビができたとき、まず洗顔を気にする方が多いのですが、そもそもの皮脂の過剰分泌の原因がお肌の乾燥である場合もあります。洗顔をきちんとしていても、保湿がなおざりになっていると、肌の内側が乾燥している「インナードライ」の肌状態を招き、皮脂分泌をさらに過剰にしてしまいます。

紫外線

紫外線
他の原因として考えられるのが紫外線による影響です。顎部分は紫外線にさらされがちですが、日焼け止めなどを塗り忘れが多く、ニキビ跡の原因になってしまいます。

などの原因があるので顎ニキビには注意するといいです。くれぐれもつぶたりするだけは避けないといけないです。

顎ニキビの治し方ランキングTOPへ